コンサートへの招待

コンサートへの招待

コンサートを楽しむコツ

コンサート会場が特殊な場合は服装に注意

コンサートスタッフとして働く

音楽を身近に感じるコンサート

コンサートの席を選ぶコツ

お問い合わせ

コンサートへの招待

コンサートスタッフとして働く

コンサートスタッフには、ステージを華やかに演出する美術家や曲や構成を踏まえて照明のやり方を考えるライティングスタッフや、機械を使って音のボリュームや質を調整するミキサーなどがいます。それぞれが専門とする分野を任されるため、協力して一つのコンサートを完成させる目標意識が高いです。専門学校などでスキルや知識を習得しているため、特別な資格が無くても仕事を優秀にこなします。それに加えて他の分野のスペシャリストとコミニュケーションを大切にすることが大切です。
同じアーティストのコンサートでも、その日によってセットリストが変わる場合があり、スタッフ同士のスケジュールにも変更ができます。毎日臨機応変に対応しなければなりません。お客を誘導する仕事の人は、お客からトイレや喫煙場所を質問されやすいので、会場が変わるたびに配置を覚えます。案内業務と午前中の設営はセットで任されることが多いため、コンサートが始まるまでに体力を回復しなければなりません。

コンサートスタッフの仕事とは

コンサートのスタッフが係わる仕事には、大きく分けてアーティストの魅力を最大限に演出するための「企画制作」、アーティストの演奏する音を会場に響かせる「PA(音響)」、アーティストのイメージを照明で華やかな演出をする「照明」などに分かれています。
企画制作のスタッフの仕事としては、コンサートの企画をはじめ、その宣伝やアーティストへの出演交渉、スケジュールの作成、チケットの準備、会場の予約のほか、会場受付業務、コンサートグッズの販売、ステージの設営や演出、映像の演出、機材の運搬などがあります。
PAのスタッフの仕事としては、客席に聴こえる音の調整、アーティストがステージ上で聴く音の調整、その他にマイクのセッティングやスピーカなど音響機材の搬入・搬出までを行います。
また、照明スタッフの仕事としては、企画による全体の演出プランをもとに照明プランを考え、楽曲のイメージを光で表現したり、アーティストの動き、セットや衣裳の決定に基づいて調整を行います。

Valuable information

豊中市の歯医者
http://www.matsumoto-dentalclinic.jp/

2016/4/7 更新

コンサートへの招待